保育士免許の書き換えサービスについて

保育士のみなさん、バンクーバーで保育の仕事をしてみませんか?

最初から無理だと思っていませんか? 日本での経験を活かしたい! 海外での保育経験を積みたい! と思っている人は多いのでは? 英語の問題、文化の違いなどハードルが高いというイメージで諦める人が多いようです。 確かに、飲食店などと比べると高い英語力が必要ですが、それだけ得られるものも大きいと思います。また、日本の資格では働けないという理由で諦める方も多いようです。 カナダでも保育士として働くには免許が必要ですが、日本の保育士免許を書き換えることが可能です。その際、日本の免許は失効しません。具体的にいうと、免許を取得した短大、大学の単位を審査し、各州の保育士免許取得に必要な単位をすでに持っていることを証明します。その結果を実際の免許発行機関に送ります。日本で保有する資格の種類ではなく、短大や大学で取得した単位によりますので、一概に書き換えが可能か不可能かは言えませんが、COS保育士免許書き換えサービスをご利用頂いた方は、みなさん無事に書き換えを行っています。

日本で取得した単位が十分でない場合

仮に、日本で取得した単位が十分でない場合は、こちらで必要な単位を取得する必要がありますが、その際は不足分の科目のみを取得するための学校の案内もしております。 残念がなら免許があるからといって、必ず保育園で働くことができるということではありませんが、せっかくカナダに来るのであれば保育士として働くことにチャレンジしてみてはいかがですか?

健康診断について

保育士として働くためには、健康診断を受けたという証明がビザに付いていないといけません。ワーキングホリデービザのご利用を検討している場合は、申請前にこの健康診断を完了する必要があります。

BC州の免許を、オンタリオ州の免許へ書き換え

カナダの保育士免許は州で定められており、州ごとに免許取得の必要があります。しかし、既にカナダの保育士免許をお持ちの方は、他の州の保育士免許へ書き換えることもできます。 弊社スタッフの例をあげますと、BC州でフルライセンスを取得しバンクーバーの保育園で経験を積んだ後、トロント(オンタリオ州)へ移り保育士免許の書き換えを行いました。現在は、トロントの保育士として活躍しています。 例:BC州→オンタリオ州の免許書き換え

  • ECE Basic + IT + SN(BC州のフルライセンス)→ RECE(オンタリオ州のフルライセンス)
  • ECEA(BC州のアシスタントライセンス)→ ECA(オンタリオ州のアシスタントライセンス)

現在カナダの保育士免許をお持ちの方で、他の州で保育士になりたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

学習した期間や内容によって、書き換えられるライセンスが変わります。
不足している科目がある場合、不足分を学校で修了することにより書き換えが可能になります。

日本→BC州へ免許書き換えの流れ

COSサービス内容($1200)

免許書き換えお問い合わせフォーム