持ち物チェックリスト

持ち物はあれもこれも持っていきたくなるところですが、できるだけ身の回りの最低限に抑えるようにしましょう。 また、荷造りをした後は、必ずスーツケースが重量制限以内に収まっているかを量っておかれることをお勧めします。制限を超えた場合は追加料金が徴収されます。(*のマークがあるものは、スーツケースに入れず、必ず機内に手荷物として、持込みましょう。)ダウンロードPDFファイル

パスポート*

有効期限を必ず確認しましょう。日本への帰国予定日+1日以上あることを確認してください。または、残存有効期間のあるパスポートをお持ちの方も、残存有効期間が6ヶ月未満の場合は更新されることをおすすめします。

航空券*(eチケット)

インターネット、旅行会社などで格安航空券を購入されるのが一般的です。 片道航空券、1年オープンチケットなど、いくつかの種類があります。目的によって自分に最適なものを選ぶようにしてください。また、最近は、eチケットが発券されることが多いです。必ずプリントアウトをして持参するようにしましょう。

現金*

留学中の生活費は、現金で持参されるか、現地到着後に現地口座を開設してから海外送金をする方法があります。カナダドルへの両替は現地でされることをお勧めしますが、帰国の際に便利ですので、日本円も多少残しておきましょう。

海外傷害保険*

加入は自由ですが、最低限必要なのは、医療+死亡のみです。持参されるノートパソコンやデジタルカメラの盗難補償、ホームステイ先で万が一、物を壊した場合の賠償補償などは任意ですが、心配な方は、加入されていると安心です。

クレジットカード*

必ず必要なわけではありませんが、あると便利です。現地では、留学中に帰国日を変更される場合に発生する、航空券変更料金等、クレジットカードでしかお支払いがしていただけない費用もあります。現地で使用可能なクレジットカードの種類は、VISA・Master Card・American Expressに限られます。

就学許可証発給の通知書*

就学ビザ、ワーキングホリデービザを申請された方は、在日カナダ大使館より、就学許可証発給の通知書を受領しているはずです。カナダ入国時に、空港内の移民局にて通知書を提出し、正式なビザの発給を受けます。

入学許可書(Letter of Acceptance/LOA)*

COS留学サポートデスクより、ご案内しております学校の入学許可書です。ビザを申請した方は、入国審査の際に提示を求められますので、必ず準備しておいてください。

日本で使用していた携帯電話

こちらで契約することは原則できませんが、音楽を聞くことや、Wi-Fi環境でLINEなどを使うことができます。

ノートパソコン*

カナダでは、ホームステイ先はもちろん、日本に比べ無料Wi-Fiが提供されているカフェなどが多いため、あると便利です。インターネットは日本の家族や友達とのコミュニケーションや情報収集に必須です。お持ちで無い方は購入もおすすめ致します。

衣類・下着

現地でも調達できますが、日本人好みのおしゃれな服は意外と見つけるのが困難なので、パーティドレスなどフォーマルな服を1着は持ってこられると良いでしょう。下着は、最低1週間程度分は持ってこられると安心です。

ジャケット

カナダの冬に適応できる厚めのジャケットは必需品です。春秋用にフリースのジャケットも1枚あれば便利です。 注意:衣服は夏物よりも冬物中心に準備された方が良いでしょう。

スリッパ

国際色豊かなカナダでは、家の中でも靴を脱がない文化のホストファミリーもたくさんいます。ルームスリッパがあると大変便利です。

帽子

夏場は紫外線が強いため、あると便利です。

折りたたみ傘

バンクーバーでは、冬は特に雨が多く降ります。日本製の折り畳み傘は、コンパクトで壊れにくいので、重宝します。

英和・和英辞書(電子辞書)

語学留学の方はもちろん、ワーキングホリデーの方も電子辞書があれば便利です。現地では、種類も少なく高額になるので、日本から持参されることをお勧めします。

筆記用具

入国審査カードを機内で書くため、ペンを一本は飛行機に乗る際持っておきましょう。学校でももちろん必要となります。文具用ハサミやカッターナイフを持参される方は、預け荷物の中に入れましょう。 機内持ち込みに入れると荷物検査で没収され手元には戻りません。

文法書

語学留学の方はあると便利です。中学や高校での文法を日本語で見直すのに役立ちます。

デジタルカメラ

留学の思い出作りには必須です。現地でも購入できますが、日本製は安価でも性能が良いので、日本から持参されることをおすすめします。

変圧器

最近購入された携帯電話、パソコン、デジカメであれば、海外対応がされているものがほとんどなので不要ですが、海外対応をしていない電化製品(ドライヤーなど)を持参される場合は、持っていきましょう。

ツメキリ、耳かき、毛抜き、カミソリ、化粧用ハサミ

現地でも調達できますが、日本式耳かきは日本の店でしか購入できません。 北米人は、綿棒を耳かきとして使用します。ツメキリ、カミソリ、化粧用ハサミは預け荷物の中に入れましょう。 機内持ち込みに入れると荷物検査で没収され手元には戻りません。

生理用品

現地での購入もできますが、異国の地での商品に不安があれば持って行かれても良いでしょう。

薬品類

自分にあった風邪薬、痛み止め、目薬、塗り薬など常用薬はあると便利です。カナダは大変乾燥しておりますので、風邪予防のためにもイソジンなどのうがい薬を持参されると良いでしょう。

洗面用具

歯磨き、歯ブラシ、石鹸、洗顔フォーム、シャンプー、リンスなど全て現地でも調達できますので、短期間分の小さいもので十分です。

クシ、鏡、ヘアゴム

現地でも調達できますが、渡加後すぐに必要な人は持っていきましょう。

バスタオル

現地でも調達できますが、到着日から必要ですので1枚は持っていきましょう。

洗濯用品

日本の丁寧な洗濯機、乾燥機と比べカナダは少し荒いものが多いです。衣服を痛めたくない人は、洗濯ネットを持っていきましょう。

メガネ・コンタクト等

使い慣れた物の方がよいでしょう。

ドライヤー

海外で使用可能なものがよいでしょう。現地でも調達できます。

裁縫道具

携帯用が一つあると便利です。

水着

種類やサイズが日本人向けは少ないので、お気に入りがあれば持っていきましょう。

おみやげ

ホストファミリーへのお土産も持っていくと良いでしょう。子供がいればかわいい文具や、 折り紙などを作ってあげてもよいですね。

バックパックやボストンバック

学校に持って行く時に持つバックパックや小旅行に行くときにボストンバックはあれば便利です。 現地でも購入可能です。

※荷造りの際の注意点

機内に持ち込まない預ける荷物(チェックインする荷物)は 航空会社によって、1人あたりの荷物の個数、重量、大きさが規定されています。航空券を購入された、航空会社のHP、もしくは旅行会社へ事前に確認をし、ご準備ください。 必ず、この無料手荷物許容量内に収めるようにしてください。もし、制限を超えますと、空港カウンターで超過手荷物として超過手荷物料金がかかります。 また、パソコンやカメラその他壊れやすいものに関しては、スーツケースには入れず手荷物として持ち込むようにしてください。

※機内持ち込み手荷物

  • 鋭利な品物: 刃物や先のとがった品物は、機内には持ち込めませんので、受託手荷物としてお預けください。 玩具銃やモデルガン、ゴルフクラブやテニスラケット、バット、スケートなどのスポーツ用品、編み針なども、機内にはお持ち込みできません。
  • 電子・電気機器類: 電子・電気機器類は機内に持ち込めますが、手荷物検査場を通る際には必ず電源をオンにしたままでお持ちください。
  • 機内持ち込み手荷物許容量: 機内にお持ち込みいただける手荷物は2個までです。 持ち込み可能な品物は、カバンまたはスーツケース(キャスターとハンドル部分もサイズに含む)、 ブリーフケース、ノートパソコン、マザーズバッグ(おむつバッグ)、カメラケース、紙箱などです。 (機内持ち込み可能な手荷物の大きさ、重量は航空会社によって異なります。事前にご確認ください。)